取扱商品紹介

コートサービス

反射防止コート(ARコート)

  • 素材が持っている反射を抑える為に薄膜が表面にコーティングしてあります。
  • 反射防止コート(Anti-Reflection Coating)として弊社では、標準ARコート、ワイドバンドコートがあります。
  • 可視(≧532nm)から赤外(12μm)までのARコーティングが可能です。

標準ARコート

  • 分光特性曲線がなだらかに変化するため、広いバンド幅のARコートになります。
  • ワイドバンドコートに比べ、基板に対する付着強度が大きく、環境耐性が強いという特徴があります。
  • 反射防止効果がワイドバンドコートに比べ、低くなります。(片面の反射率約1~5%)

ワイドバンドARコート

  • 膜層を変化させる事で特定の波長帯での広いバンド幅のARコート等が可能です。
  • 透過率99%以上の高い性能のコーティングが可能です。
  • 環境耐性が標準コートに比べ低く、塩害などの影響を受けやすくなります。

※ 標準品でYAGの0°入射ARコート付ウィンドウを取り扱っています。
※ 使用される入射角度によってARコートの膜構成も変化します。お問い合わせ下さい。
※ 2波長、3波長ARコートも取り扱っています。

高反射コート(TR/HRコート)

  • 素材の反射率だけでは対処できない場合、素材表面に金属等をコートし、高い反射率を得ています。
  • 通常、誘電体多層膜による反射コートと金属膜による反射コートの2種類になります。

誘電体多層膜HRコート

  • 設計波長で≧99.5%以上の高い反射率が得られます。
  • 反射するバンド幅が狭く、入射角、偏光依存性が高いという特徴があります。

金属膜HRコート、保護膜付金属コート

  • 金属特有の高いプラズマ反射を利用し、高反射コーティングを実現しています。
  • 素材反射だけでは足りない場合、金属に誘電体をコートする事でより高い反射率を得ることが出来ます。
  • 金属に保護膜をコートする事で反射率は1~5%下がりますが、レンズクリーナー等の拭き洗浄が可能です。
  • アルミ(Al)、金(Au)、銀(Ag)等のコートが可能です。

部分反射コート(PRコート)

  • 反射率と透過率をご指定の割合でコーティングします。
  • 主なコートに45度入射時50%反射のハーフミラー、特定の波長を反射するダイクロイックミラー等があります。

その他のコーティングサービス

  • 可視~近赤外でのS,P偏光のPRコート、特殊コートについても承ります。
  • 複数波長の反射、透過コート等についても設計から行います。
ページの先頭へ インデックスへ戻る